堺筋倶楽部の歴史

堺筋倶楽部は昭和6年に「川崎貯蓄銀行大阪支店」として矢部 又吉の設計、竹中組によって建造されました。
 当時の銀行建築らしく、重厚感のある切石と左右対称の外観が特徴的で、

さらに、正面玄関上部の柱が並ぶ装飾は、ルネサンス様式を思わせるデザインです。
 建物を解体して緑地にする計画もありましたが、現オーナーの熱意によって所有者であった稲畑産業から譲り受け、

修復され2001年に新しい食文化を創造する会員制レストランとして生まれ変わりました。
 2022年、堺筋倶楽部はリニューアルされ、食を中心とした複合施設に生まれ変わりました。
 大正ロマンの色濃く残る時代にこの建物は建築され、その堂々たる風格は大阪の文化の発信地にふさわしい雄姿です。

堺筋倶楽部館内のご案内
fool.png
f15a12_5498db73d064441194cd82ee1bebfa6b_mv2.png
bread-espresso-and-sakaisuji_shop_02.jpg

1F

bread-espresso-and-sakaisuji_logo_01.png

パンとエスプレッソと堺筋倶楽部

2F

Photo studio

レトロな雰囲気のお部屋で撮影をしたい方に!

昭和の雰囲気が漂う撮影スタジオ

COMING SOON
フォトスタジオ

3F

logo.png

神息ウイスキーショールーム

KAMIKIは「世界初の吉野杉樽熟成ウイスキーブランド」

のショールーム。すべて予約制となります。

​(業者様向け)

Presented  by

堺筋ロゴ-white.png

最古の日本料理

稲藁燻製御飯をご紹介します。

名称未設定 1.png
22671518.jpg

これから新しく飲食店をオープンしたい方、

今のお店に変化をつけたい方など
お店のコーディネートやメニューの考案など

堺筋俱楽部があなたのお店をサポートいたします。

Design&Consulting